なんのこっちゃ

アクセスカウンタ

zoom RSS 発想のパラダイムシフト

<<   作成日時 : 2017/09/13 08:58   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の続きです。

 ☆

老年性アルツハイマー病で悪玉とされてる「アポE4遺伝子」。この遺伝子を持つ人は持たない人より老年性アルツハイマー病に罹る確率が10倍以上高いんだそうです。

と、ここまで書いたら、昨日の話を読んで頂いた方にはもうお分かりだと思いますが、悪玉とされてるアポE4遺伝子にも三分の理。「もともと身体に必要だったからオレは居るんだよ!」。

その通りで、最新の調査研究の結果として、このアポE4遺伝子は寄生虫感染から人体を守るために備わったものということが分かったんだとか。

それが、寄生虫が居ない現代になって働き場を失い、老害オヤジに変化して、老年性アルツハイマー病を引き起こす原因になっちゃったらしい。時代が変わり、善玉転じて悪玉に。お気の毒。

 ☆

ということで、昨日の話と併せて、病気の原因を探る研究の新たなアプローチの方法として、次の様なのは如何でしょう?

1.昔と今を比較して、世の中で何が変わったのか?
2.その変化に伴って、もともと生物が獲得していたメカニズムで不要になったものは何か?
3.未だ原因が特定出来ていない疾患と、その不要となったメカニズム(物質)とに何らかの相関は無いか?

現在、病気の原因を究明するためのアプローチの方向は、その疾患の特徴的な病態(メカニズム・物質)を見つけ出すところからスタートするのが主流です。

でも、発想を変えて、上の様なアプローチも面白いのでは?って思います。もうやってるのかな?


タテ・ヨコ・ナナメ、どんなことでも視点を変えて色んな方向から見てみるのは真理を知るために大切なこと。慣例に縛られないパレダイムシフト的な発想が大好きです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
発想のパラダイムシフト なんのこっちゃ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる