なんのこっちゃ

アクセスカウンタ

zoom RSS べき論

<<   作成日時 : 2017/09/14 10:03   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「命のビザ」。当時、リトアニアのカウナス市にあった日本領事館で、退去期限ぎりぎりまで署名し続けた杉原千畝さん。

現在、杉原資料館になっているその旧領事館の壁が老朽化していたため、「塗魂(とうこん)ペインターズ」という名の"塗装"を活動の中心とするボランティア集団が、壁の塗り直し作業を行ったとか。

同時に、現地業者が古くなった屋根の修繕を行い、その費用の一部は塗魂(とうこん)がクラウドファンディングで集めた資金で賄ったらしい。

素晴らしいボランティア活動をする集団が居るもんです。お見事!

 ☆

さて、べき論をば。本来、これは誰がやるべきことなんでしょう?

リトアニア?カウナス市?ユダヤ人組織?ドイツ?日本政府?外務省?出身地で記念館のある岐阜県?杉原さんの家族?ボランティア団体?はたまた日本の観光業者?

どう思われますか?そもそも「修復する必要が有りや無しや」なんてゼロベースのところまで戻って考えたりして。まあ、それは「有り」ってのが多数意見なんでしょうけど、だったら誰が?

 ☆

日本人と致しましては、少なくとも政府や外務省のご意見をお伺いさせて頂きたいもんです。

杉原さんに関し、あの鈴木宗男さんが外務政務次官だった時に国の非礼を家族に謝罪し、河野洋平さんが外務大臣だったときに演説で日本政府として初めて公式に名誉回復を明言しました。

でも、今でも外務省の中には省の命令に従わなかったということで反論があると聞きますが、如何ですか?修復費用ってせいぜい数百万の金額なんですけど・・・。


ちなみに、外遊好きの〇倍さんは、昨日インドで新幹線と原発を売るために1,900億円の追加円借款を約束したと伝えられてます。対インド円借款の過去からの総額はほぼ無利子で5兆円とか。

バラ撒く人はキモチイイだろうね。誰の金か知らないけれど・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
べき論 なんのこっちゃ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる