なんのこっちゃ

アクセスカウンタ

zoom RSS 看取り加算

<<   作成日時 : 2017/12/24 09:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

介護ネタが続きます。入居一時金の必要な高齢者向け住宅や介護付き有料老人ホームがありますが、その一時金の償還期間はたいてい5年か6年に設定されてます。

つまり、5年以上入居すると一銭も戻ってこないってこと。裏返せば、入居してだいたい5〜6年で"何らかの理由"で退去してるってことなんでしょう。これもビッグデータ?

 ☆

言うまでも無く、退去理由の筆頭は死亡。そのための"看取り"。生命の最後をどう見守るか。意識調査では、「最後は自宅で」と思いつつも、「家族に迷惑を掛けたくないから病院で」っていう人が多数なんだそうです。

そして、昨今では病院以外にその場として介護施設も参戦?しており、既にその7割以上が対象施設に登録されているんだとか。それの診療報酬上の裏付けが"看取り介護加算"。

定義は、『医師が医学的知見に基づき回復の見込みがないと判断した利用者に対して、医師、看護師、介護職員等が共同して、その人らしさを尊重した看取りができるように支援する場合に算定される加算』。

これから益々必要なんでしょうね。

 ☆

一方で、2ヶ月半で50人近い入院患者が死亡し、そんな看取り介護加算報酬をガッポリ?そして、まだ多数死亡の原因究明がされてないのに再開したどっかの病院のようなケースもあり・・・。

実際、そこがそうなのかどうかは分かりませんが、国内には「安楽死病院」などと陰口を叩かれながら、「必要悪」としてその存在が肯定されてる施設が多数有るようで、本音として「早く死んでもらった方が安上がり」っていう制度設計そのものの問題なんでしょうが。

そこまでいかなくても、介護施設での虐待や薬漬けの実態が後を絶たず、家族の監視の目が唯一の防止方法になっていたり。ほんと、嫌な世の中です。


いつの日か、ビッグデータで一時金の償還期間が10年とか20年とかに設定される日が来れば・・・。こんなんでは虚しい期待でしかありませんが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
看取り加算 なんのこっちゃ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる