なんのこっちゃ

アクセスカウンタ

zoom RSS 整合性

<<   作成日時 : 2018/01/08 10:42   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

一昨日に引き続き、数字オタクの重隅ばなし。安倍総理が経済界に求めた賃金アップ、3%の整合性について。

その目的は個人消費を増やすことによる経済の活性化。つまり、「賃金を3%上げれば個人消費が増える」と踏んだ訳ですが、その根拠は?

 ☆

その前からそうですが、特に第二次安倍内閣になってから可処分所得の減少が顕著。2000年と2016年を比べたら10%以上減ってます。

賃金が上がらないこともその理由ですが、それ以上に年金保険料・健康保険料などの社会保険料や税金などの"上納金"が上がったため。さらに言えば、それと裏腹に健保や年金などの"給付"が減らされためです。

さて、賃金の3%アップ。とても自由経済とは思えない、まるで共産国の様な官製春闘ですが、ともかく各企業がそれを守ったとしてその効果は?

 ☆

給料が上がったら当然それに伴って所得税や社会保険料も上がりますよね。3%の賃金アップ、実質いくら可処分所得が増え、そのうちどのぐらいが消費に回り、結果として日本経済にどのぐらいのインパクトを与えると想定したのか。知りたい!知りたい!

ど素人が想像すると、多少可処分所得が増えたとしても貯蓄に回るだけじゃないですか?企業の内部保留が膨らんだのと同じ理由で。


目的と解決策の不整合。知っててやってるのか、他に別の目的が有るのか。どっちにしろ、信頼に足るお人ではありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
整合性 なんのこっちゃ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる