なんのこっちゃ

アクセスカウンタ

zoom RSS 親を超える

<<   作成日時 : 2018/04/10 08:41   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の大御所の話に通じますが、どんな分野でも、その道をより発展させようと思ったら大御所を超える人材を作ること。

当たり前ですよね。ある大御所がもしその分野の最終形なんだとしたら、その分野はそこで終わり。だってそれ以上発展しないんだから。

だから、大御所の役割は自分を超える人材を作ること。自分が歩んできたその道をより発展させるために。

政治家の様に、自分が全ての人間には想像だに出来ない高邁な志向です。

 ☆

それは会社や家庭など、どんな組織でも同じ。

部下が自分を超えるのを許さない上司がいる会社は発展しないし、親を超えることを許されない家庭からはそれ以上の人材は育たない。

もともと、生物のオスとしての性は父親を超えること。それが成長・自立、大人への入り口となり、種の存続に繋がります。

そんな意味からも、日本の「家長制度」は矛盾だらけ。消えかけて当然なんでしょうが、一方でその復活を推し進めようとする日〇会議のような勢力も有る訳で。

 ☆

その昔、家長制度に心酔する人が、その一つの形として自分の家庭では「オカズは家長だけ一品多く」ってのを実践してました。

その結果、その息子が鬱で引きこもりに。まあ、原因はそれだけでは無いんでしょうが、そんな形で親の威厳を示す、そしてそんな親を超えることが許されなかった子供がどう育つのか?どう考えても良い影響が有る様には思えません。

他者が自分を超えることを嬉しく思う、ソンナヒトニワタシハナリタイ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
親を超える なんのこっちゃ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる