なんのこっちゃ

アクセスカウンタ

zoom RSS 投信・投身?

<<   作成日時 : 2018/11/09 08:31   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

投資信託を購入した人の4割が運用損益マイナス、つまり元本割れなんだとか。金融庁が発表。

投信を扱う36金融機関の集計結果だそうで、金融機関ごとの格差も大きく、損した人の割合が1割の金融機関から7割の金融機関までバラついてるんだそうです。

つまり、一番優秀?な金融機関の投信では9割の人が儲けられましたが、最悪のところなんて僅か3割の人しか儲けられなかった様です。

とにかく平均して損した人が4割。これって、名前は"投資"信託でも中身はギャンブルってこと。

ローリスクローリターンのものからハイリスクハイリターンのものまで、投信も細かく分類されてますが、なんだかんだ言いながら、そもそも投信自体がハイリスク商品だったってこと。儲けはローリターンなのに。

年金暮らしのプー太郎が投信を買うなんて投身自殺する様なもの、などとオヤジギャグ的語呂合わせです。

 ☆

それにしても、購入者の7割が損してるのに、安穏と投信を売ってられる金融機関が有るってことが不思議です。結構大手。口車に乗って買う人が多いってことなんでしょうね。

その昔、マダラボケの我が親に、保有してた投信を年4回配当の国内リート投信に買い替えをさせて手数料をガッポリ稼いだ超大手証券会社の営業担当が居ました。

自慢じゃないけどリートの意味、もっと言えば投信の意味も分かっていなかった我が親。あとでそのことを知り、営業担当に「説明責任は果たしたのか?」と詰め寄りましたが後の祭り。

そんなのが日本の投信や金融機関の実態なんでしょうね。金融機関からすれば、一度売っちゃえば損失が出ようが手数料だけは入る。トレーディングなんて面倒臭いことをしなくても放っとけば良い。

そんな姿勢は「損失が出たら手数料無し」っていう、他国では当たり前のルールを適応するだけで変わるんでしょうけどね。護送船団ではやる訳無いけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
良識ある白川さんから代わった黒某は、
円安操作で日本人全員の資産と給与を大幅に下げ、更に、
「インフレを起こすぞ」と脅かすもんだから、
国民は、なけなしの資産の行く末が心配になっていました。
そこに金融機関が付け込んだわけです。

まさに、白から黒への暗転。

で、独り勝ちしたのが「金」。
高価なアクセサリーを買ったと非難した殿方もおられましょうが、実は最も賢い投資をしたのは女性だったのでは??
かおるパパ
2018/11/09 09:14
かおるパパさん おはようございます

同じく、少し考えれば円高の方が庶民にとって良いと分かるのに、魑魅魍魎が奏でる「円安最高!」ムードに乗ってそれを信じる人々。

それこそ自己責任?自分の生活が苦しくなってるのにお気の毒、っていうより私を巻き込まないで欲しいんですけど。

ではまた!
蟄居マン
2018/11/10 09:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
投信・投身? なんのこっちゃ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる