予防医療の目的

10年間据え置いた降圧治療。ついに降圧剤の服用を始めたのがひと月前。

薬の効能通り、お陰様で10mmHgほど下がりました。この後は下がり過ぎないか、臓器障害などの副作用が起きてないかのモニターです。

 ☆

ところで、そもそもなぜ血圧を下げるのか。言わずもがな。ご存知の通り、血圧が高いことによって起こる脳・心・腎を中心とした疾患を防ぐため。

つまり降圧治療は予防医療の最たるものです。本当は血圧を上げないための生活習慣改善の方が根本なんでしょうけど。

とにかく、いろんな疾患で従来の"治療"に対して"予防"を耳にするようになりました。疾患が予防出来て健康寿命が延びるのは有り難いことです。

そんな予防医療を推進してくれる日本の行政は素晴らしい!って単純に感謝しないのが何事もハスから目線の老害オヤジです。

国はなぜ予防医療を推進するのか。国が国民のことを考えてる訳も無く?絶対に他の理由が有るはず!嫌なヤツ。

 ☆

そうだ、金だ!「折角あの手この手でかき集めた税金を国民の病気の治療なんかに使ってなるものか!」って魂胆んだろう?ほんと、嫌なヤツ。

冗談はさておき(冗談じゃないかもしれませんが)、頭の良い方々なんだからそのぐらいはシュミレーションしてるんでしょう。つまり、予防医療を推進することが財政的に優れてると。

国の財政にとって一番有り難い国民とは、いつまでもピンピンと健康で大いに働いて多額の税金を払い、病院に掛かることなど一切無く突然コロリと死んでくれる人。財産もたくさん残して。

裏腹に、国の財政にとって一番迷惑な国民とは、全てその逆の人。

つまり、国は密かに「予防医療で元気で長生きした人はコロリの確率が高い」というエビデンスを持っているじゃないですか?極秘で。

だって、予防医療した人が現役引退したあとに長患いしたら財政的にはかえって損するんだから。って、ほんとに嫌なヤツです。

たとえ想像通りだったとしても(な訳無いけど?)私は国の方針に賛同します。だって、予防すればピンピンコロリなんだもの。望むところ!?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント