商才無し

ニューヨークダウに引きずられ、東証もバブル以来30年ぶりの3万円超だとか。お金持ちの皆さま、よろしゅうございましたね。私など株を買えぬ貧乏人は指をくわえて・・・。

あっ、そう言えばNISAで株を買ったんだ。ウシオ電機。買った途端に下落したのでお得意の塩漬け状態、見ないフリして忘却の彼方だったんだけど。

さて、昨日の株価は?おいおい、他はみんな上がってるのになんでそれだけ下がるの?見事に商才無し。

 ☆

株と同じくビットコインも高騰。5万ドルがすぐ目の前。日本円では500万円を超えて過去最高値だそうで。

米テスラがビットコインに15億ドル投資と発表。バンク・オブ・ニューヨークがデジタル資産向け管理システムの開発を開始。米ツイッターのドーシーCEOはビットコイン開発促進のため基金を設立。米マスターカードもビットコイン決済に対応する方針。米モルスタも今まで仮想通貨に懐疑的だったのに投資を再検討・・・。

ここに来て米企業が挙ってビットコイン推し。そんなことから、今年中に8万ドル、800万円超も視野に入ったんだそうです。そうですかそうですか。乗せられないぞ!?どうせ商才が無いんだから。

 ☆

一方の日本の実体経済。内閣府が昨日発表した2020年のGDP速報値は前年比-4.8%。こちらは1955年以来、リーマンショックの時を除いてなんと65年ぶりの悪化幅。ミゼラブル。

GoToなんたらであれだけ補助金をバラ撒いたのに、世界の中でも群を抜いてガタガタの結果です。台湾などプラスの国も有るのに。やっぱり防疫が経済成長の鍵。

西村経済再生相は「10-12月期は対前年同期+3.0%で回復を感じさせる内容」と語ったとか。おいおい、比較対象の2019年10-12月期って、10月の消費増税スタートで前期比-1.8%だった時ですよね。それと比べて「上がってる」なんてピンボケを言われても。

私同様、政権の皆さんも商才無いんだね。いやいや、お仲間は十分に潤ったか。それが目的だしね。

 ☆

とにかく、そんな株やビットコインの上昇は全てコロナのお陰。実体経済は日本を筆頭にコロナでガタガタだけど、それに反してマネーゲームは活況。

だって、各国がズブズブの財政出動や大規模金融緩和に走り、市中にお金がまるでツナミのように溢れてんだから。「めぐり会えた瞬間から魔法が解けない♪」ってな感じ?

それが本当に苦しい人に行き渡るなら良いんですが、お金は"寂しがり屋"ということで、集まってる人のところにさらに集まるらしく・・・。そんな人たちはこれ以上他に使うところが無いので株や仮想通貨に向かうという構図。

かれこれ一月前に同じことを書いてます。「実体経済などに目もくれず各国のズブズブの経済投資の現状に注目してれば今の株価やビットコインの急騰などは予測出来る」と。

確かにこの一か月、寂しい実体経済の中、株が10%近く、ビットコインに至っては30%超の上昇。

口だけ評論家は誰でも出来る?実際にやるかどうか。買っとけば良かった。はい、私には商才が有りません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント