ティラワ経済特区

欧米諸国を中心にミャンマーのクーデターに対する非難が盛り上がってます。

国連事務総長は「確実に失敗に終わらせる」として2月2日の安保理の緊急会合で声明を協議。でも、いつもの如く常任理事国の中国の反対で合意出来ず。

「内政不干渉。制裁は事態を悪化させる」という論旨で今までもミヤンマーの軍事政権を支持して来た中国。あろうことか、その上前を撥ねて来たのが残念ながら我が日本です。ナンテコッタイ!

 ☆

ティラワ経済特区とは、ミヤンマー軍事政権がロヒンギャ族を強制的に追い出して作り上げた経済特区です。

日本のODA資金がその開発原資。日本政府は電力網やアクセス道路の整備、港湾の拡張などに計1千億円近くの円借款を供与するなどして軍事政権を支援して来ました。

今回のクーデターのニュースで改めて報じられましたが、開発当初から参画していたのが住友商事・三菱商事・丸紅の3商社。その後次々と日本企業が進出し、2020年末現在433社に上るとか。

安倍前首相が経団連と結託し、営々と中国と肩を並べて人権問題無視、目先の経済優先を進めてきた"成果"です。

嫌中のネ〇ウヨの皆さん!日本はお嫌いな中国と一緒ですよ!

 ☆

今回のクーデターに絡む世界の動きを受けて、ミヤンマーの国軍系企業と合弁関係であった日本企業が次々とその解消の意向を発表。

日本的には「素晴らしい」って感じで報道されてますが、そもそも国軍系企業との関わりについては以前から国連が止めるよう勧告してたこと。今までそれを無視して来たのに何を今更っていうのが本当のところ。

まあ、そんな風に軍事政権と結びついてる日本だから厳戒令が布かれても政府は邦人の送還など眼中に無いのかも。いや、それは昔から同じか。自助だもんね。


そしてまた日本が世界から嫌われる。森さんに始まったことでは有りません。そんな日本に誰がした!?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

かおるパパ
2021年02月07日 12:11
久々に硬派の記事。
返す刀で日本のマスコミが無視してきた「都合の悪い真実」に鋭く切り込む筆致。

お見事!

10年以上前、NGOの支援を受けてタイ北部の村の調査を行ったことがあります。
その際、注意するように言われたのが、KNLA(カレン民族解放軍)の存在、現在進行形の「忘れられた戦争」です。
KNLAの軍旗を見て驚きました。
戦前の日本の影響がはっきりと表れています。

ご指摘の件、今に始まったことじゃないようです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%B3%E6%B0%91%E6%97%8F%E8%A7%A3%E6%94%BE%E8%BB%8D
蟄居マン
2021年02月08日 09:49
かおるパパさん おはようございます

情報ありがとうございます。KNLAの旗、凄いですねえ。とにかく中国を筆頭に世界各地に存在する少数民族との対立の構図。共存ではなく。

それは例えば先進国と呼ばれるアメリカの人種差別も同じ。日本の移民問題はもっと根深い。人権無視の単なる労働力扱い。

その根っこは、他者を許容出来ない、下種な言葉で言えば"ケツの穴の小さい"輩の為せる業。自身への自信の無さの裏返し。なにかとお仲間で徒党を組みたがるのがその証拠。

私はケツの穴のデッカイ人間になりたい、なんて朝っぱらから失礼しました!

ではまた!