テーマ:生活

無駄に

そう言えば、当初の予定だと一昨日の8月9日日曜日がオリンピックの最終日、男子マラソンと閉会式の日でした。 東京の天気は薄曇り、最低気温は23.4℃、最高気温は34.7℃、平均湿度は77%。早朝のスタートだったらマラソンも何とか出来た? ちなみに、札幌は晴れで、最低18.5℃、最高26.2℃、平均湿度77%でした。やっぱり札幌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実証実験

前に同じタイトルで例の不倫疑惑の副大臣よるデタラメな陣頭指揮のために起ったクルーズ船での"感染実験"について書きましたが、今回は別の"実験"のお話。 っていうか、昨日の話の続きです。票田を老人から若者に乗り換えるという壮大?な構想について。  ☆ 「他に良い人が出来たから」って切られることになったお年寄り。金持ちに乗り…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

御し易い

トランプさんのTikTok攻撃。広報媒体として利用してた日本の自治体があおりを受けて次々と撤退声明。 若者文化に全く縁の無い老害オヤジ。「公的機関がそんなに使ってたんだ」と思い調べてみると、広島県・大阪府・埼玉県・神奈川県・横浜市・神戸市の7自治体が情報発信サービスに関する業務提携をしているそうです。 「へえ~」って感じ。「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御身お大切に

ここに来て国は自宅療養推進の姿勢を鮮明に。 小賢しくも述べたその理由が「宿泊施設を確保出来ない自治体が有る」「保健所の負担軽減」「高リスクの同居者が居ない場合に限り」・・・。 さあご一緒に!「言い訳すんな!」。本末転倒。子供でも知ってる感染症の基本は「感染者の隔離」です。その体制作りが行政の役割り。 一昨日も書きました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よくもまあ

やっぱり出たぞ!「要請」。昨日書いた通り。いつもに増してお得意のフリップワークで「特別な夏」。よくもまあ。 次は感染者の出た家庭を警察官と一緒に都職員が見回り?その家を赤くライトアップする?家での飲食は夜10時まで?対策を実施してる家の玄関にステッカー掲示? はい、先走ってステッカーを作ってみました。玄関ドアにでも掲示してみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さてどうする?

東京の感染者の内訳。夜の街が後退して家庭内感染がトップ。さて、小池さん。どうします? 当時としてはある部分正しかったのかもしれませんが、それ以上に「やってる感アピール」のために夜の街をスケープゴートに仕立てて来た小池さん。 現実として家庭内感染がトップになった今、どうするんでしょう? お得意のフリップワークで「要請」?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インサイダー?

吉村知事がブチ上げた唐突感満載のイソジン騒ぎ。 それ聞いて最初に頭をよぎったのが「インサイダー?」です。何故って、イソジン販売元のシオノギ製薬の本社が大阪の道修町にあるから。 道修町(どしょうまち)。江戸時代から薬品の輸入を担う薬問屋が集まった街。塩野義製薬のほかに、今でも武田薬品工業・田辺三菱製薬・大日本住友製薬など、日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムラの作り方

昨日、「アベノマスクをしなくなった御大に、その理由について直接質問すらしないメディア」と書きましたが、朝、官邸のぶら下がりで御用メディアが見事な出来レースをご披露。 女性記者が台本通り想定質問を投げかけ、御大が「お店で色んなマスクが手に入る様になった」「これも布マスク」と宣った。三文芝居。どうでも良いけど、しょうもな。  ☆…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ノンビリ

一昨日・昨日と書いた「Go To リビング」。一極集中の東京からの離脱について。 知りませんでしたが、そんな動きが既に現実のものだったようです。5月と6月を比較すると都内23区のうち17区で人口減。総数は3,400人程度とまだまだごく僅かですが、異例の動きであることは確か。 大半が"新宿区の外国人"の様ですが、今後の動きに注…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日の続きです

昨日の「都道府県と都市をスコア化」した話の続きです。 最近、都内で若者を中心に移住相談が急増してるとか。さもありなん。実際には色んな"しがらみ"も有り、ほんとに移住するのかどうか分かりませんが、今までなら「東京!」一辺倒だったのが「東京?う~ん」ってなったってこと。 実際にそんな動きが出ているのがニューヨークだそうで。既に市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Go To リビング?

隠遁生活の暇に飽かせて始めたトンデモ作業が先日書いた「PCに録り溜めた4,000曲近い音楽ファイルの整理」です。 それがやっと完了!と思ったら次々と別の作業を見つけちゃう偏執的な輩です。今回も。好きだねえ。寝不足。  ☆ e-Statという日本の統計が閲覧できる政府統計ポータルサイトがあります。都道府県別、市区郡別の様…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

期限見直し

7月31日。今日は私が3月の段階で個人的に設定した自粛期限の日です。 その理由は、たとえどんなに無能な行政であっても、さすがにそこまでの時間が有れば感染防止と治療体制が整えられると考えたから。 7月末までには「検査体制が充実して、感染者の早期発見と早期治療開始が可能になっている」「罹患しても十分な医療を供給出来る医療体制が構…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

株は難しい

「岩手県で初の感染者」とか、お喧しいこと。それがN〇Kの昨日19:00の「ニュース7」のトップニュース。なにそれ? 「最初の一人になりたくない」バイアス。東京在住の息子の帰郷を拒む家族。典型的な同調圧力。N〇Kが率先して同じ感性であることの証明です。寂しい国民性。 考え抜いて準備していたであろう県知事のメッセージはまあ良かっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファクターX?

ニューズウィークが日本のファクターXについて見解を伝えてます。 それによると、日本で第1波が何とか収まった理由は「高齢者施設で集団感染が起らなかった」ことであるしています。 医療崩壊した他国の状況をみると、まず高齢者施設で集団感染が起り、重症例が頻発して病床が埋って、死亡例も増えたことが医療崩壊の主な原因であったとされていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

危機感?

どこまで上がる?金の高騰。昨日・今日と229円・124円の値上がり。ここ5日間では471円のアップです。その前日の1gあたり6,883円を基準とすると5日間で6.84%の上昇。十一(といち)よりも凄い。 年利換算では500%!?さすがにそれは無いか、と思って確かめてみました。去年の7月が5,022円だったのが昨日は7,35…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目的外使用

菅官房長官、「風営法で警察が"夜の街"に立ち入り出来るので、そうしたことを思い切ってやっていく必要がある」と発言。東京都も大阪府もその方針だとか。 法律の過大解釈、「目的外使用」。風営法のどこに「感染防止対策を監視するための警察の立ち入り」を認める条文が有るのか。  ☆ 警察庁が自ら発信した「風営法の解釈運用基準」で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

給料泥棒

Go To トラベル。直訳すると「旅行(と言う場所)に行け!」。今実施することの批判に加えて、「英語としてオカシイ」っていう批判まで出てますが、さらにとんでもない実態が発覚。 既に前倒しでスタートしているにも拘らず、1,400億円の運営費が予算立てされてる事務局が8月に設置予定でまだ無いんだとか。 経産省マター。サービスデザ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セルフライザップ

さて、3月後半から既に丸4か月、自宅軟禁生活が続いてます。 前にも書きましたが、そんな引きこもり生活の体調管理のため始めたのが朝と夜の体操と、午後のエクササイズ、そして筋トレ。 体操はラジオ体操第1・第2の他に2つで15分ほど。真剣にやると結構汗かきます。エクササイズはJOYSOUNDさん提供の動画を利用させて貰ってその中か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスク

一日だけ先走ったかな?"見せ方の妙"に関する我が予想。 それにしても、想像通りGo To トラベルのスタートのタイミングで「366人!」ってお見事です。手前味噌ですが、わたし的にはほぼ「的中!」って感じ。 そんな"見せ方"をした御仁はもっと前からそんな現実を知ってたんでしょう。だから数日前から「この4連休、移動は控えて」って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

止めない

昨日からGo To トラブル。失礼、強盗トラベル。失礼、Go To トランプ。失礼、Go To トラベルがスタートしました。 東京のみならず全国的にも感染が拡大しており、国民の8割が「今やるべきではない」と考え、「東京除外」などでその実効性も疑わしくなり、度重なるその場しのぎの修正で本来受益者であるはずの旅行業者もバタバタ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新たな予想

感染者が200人を超える様になって唐突にお昼前後に「見込み」を発表する様になった小池さん。色んな意味で話題を膨らませてます。 昨日に引き続き"見せ方の妙"、さすが大したもんです。  ☆ でも、その感染者数。実は診断した医師も、報告した保健所も、ましてや感染者本人も、誰もその「集計値」に自身の情報が含まれているかどうか分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見せ方の妙

選挙結果から言えばそれを良しとする人が多いってことなんでしょうけど、いい加減ムカっとする小池さんのフリップワークです。 ドヤ顔でフリップを掲げ美しいフレーズを見せられても、そもそも実態を反映した話じゃないですから。  ☆ 例えば、「まだ病床に余裕がある」と言うけれど、本来入院すべき、少なくとも宿泊療養すべき感染者が1,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寂しいけど

唐突ですが、国にとって老人とは? 国からすれば、年寄りなんて労働力にならないし、税金払わないし、逆に年金を払わないといけないし、医療費はかさむし、中には生活保護を受けてる人も居るし、行政コストの掛かる過疎地に営々と住んでるし、交通事故は起こすし、クレーマーだし・・・。 ろくなことは有りません。死んでくれたら単にそんな負担が無…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

選ばれない

政治・経済・国民生活・・・。最近出される様々なデータで凋落の一途の日本。直近、その一つが世銀が出した労働生産性に関するデータです。 労働生産性。単純に言えばGDPを就労人数で割ったもの。労働者一人がどれだけ稼ぐか。 世界銀行のデータによると、2019年の日本の労働生産性は前年より1つランクを落とてし世界第34位。トルコ30位…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三歩歩けば

Go To トラベルの迷走。前倒ししたと思ったら、東京を除外して、さらに高齢者・若者の団体旅行は対象外、宴席をセットにしたツアーを組む旅行会社は割引事業の対象から除外するとか。 当然のことながら、「ディズニーランドに行くのに東京発着したら対象外?」「飛行機の羽田発着は?」「東京除外は憲法違反では?」などなど、各論が続々。 "…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

選択と決断

めずらしく心乱れて・・・。知人の逝去。  ☆ 奥さんを亡くした数か月後に自身の病が発覚。その時の選択と決断が「一切治療しない」。 それから何度か飲みに行きました。医者から言われた余命を大幅に超えて。 同僚でもない、旧知の友でもない、ましてや家族でもない。そんな程良い距離感からか、ごく親しい人には言えない思いをいろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うつけ者

「東京由来」「東京問題」「東京事変」、それは違うか。 御大のお陰で世界の日本を見る目が変わってしまったのと同じく、この先、日本各地から東京を見る目も変わって行くんでしょうね。どちらもリーダーのお陰。 「へぇ、手前ぇが忌み嫌われる東京人でごぜえますだぁ。あっ、石を投げねえでくだせえ!」  ☆ さて、「今週の火曜か水…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バトル

菅・西村さんと小池さんのバトル。見てて楽しくて仕方有りません。不謹慎?  ☆ 両者とも、コロナ禍において見事な無能無策。国民・都民に寄り添わず自分のことしか考えない。しかも火事場泥棒そのものの利益誘導。 そして、論点反らしのためのスケープゴートメーキングの才能も両者同じ。「夜の街・若者」に対して「連絡の取れない陽性者」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

気付き

とある居酒屋さんの立看板に書かれたフレーズがSNSで話題になったんだとか。「酒が人をアカンようにするのではなく、その人が元々アカン人だということを酒が暴く」。 言い得て妙。コロナ禍でその無能さが顕在化した御大を筆頭に、組織それぞれ、人それぞれ。今回の件でいろんなことが顕在化したんでしょうね。  ☆ 同様に、昨日も一部書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ収支

既に数年前に廃盤になったマイクロソフトのMoneyという家計簿ソフトを今でも使ってます。集計が簡単。 6月分のカード支払い明細が確定したので、コロナの影響をもろに受けた今年の3月から6月の4か月間の収支を見てみました。  ☆ 当たり前の話ですが、それによると前年の同期間との比較で見事に半分を割ってます!(実額はご容赦)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more