なんのこっちゃ

アクセスカウンタ

zoom RSS サービス残業

<<   作成日時 : 2018/02/13 08:09   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

シャンシャンで盛り上がってる上野公園は大道芸のメッカ。休日ともなると、少なくとも4〜5組のヘブンアーティスト(東京都公認大道芸人)が大道芸を披露してます。

それにしても、日本でやってる大道芸人は可哀想。観客にバルーン芸の作品をあげてもスプレー絵画を渡しても「ありがとう」で終わり。投げ銭を入れて貰えない。

だって、日本では"サービスはタダ"だから。そんな光景を見て思いついたエントリーです。何とも安易。

 ☆

サービス残業って言葉の意味、たぶん海外では通じないんでしょうね。働き方の問題などという大上段のテーマではなく、単に言葉の意味として。

だって、それは"サービスがタダ"っていう日本だからこそ通じる言葉で、"サービスは有料"という国の人がそれを聞いたら、たぶん単に残業して収入を得ることって解釈するはず。つまり、なんの問題も無い訳で。

本来、労働には対価が有るのが当たり前。それは資本主義であろうと共産主義でも。対価の形に違いはあるかもしれませんが。

そんな中、労働したのに対価が無くても当たり前っていうのが日本の発想、文化。「それが良いとか悪いとかって話ではなく・・・」っていうのを書こうと思ったんですが、やっぱ間違ってるでしょ。ガラパゴス。

さらに、本来の働き方についてもガラパゴス状態。CNNが伝えてます。『ドイツの労働者、週28時間労働の権利を獲得』なんだとか。最大2年間の期間限定ではあるそうですが、700社以上の企業が自社の従業員との間で交わした協約。

どう思います?日本でもぼちぼちパラダイムシフトが必要だと思うんですが。



ところで別件。大道芸と言えば浅草神社の境内で毎週演じられてる猿回し。楽しんでる日本人・アジア人に対して、明らかに目をそらして立ち去る欧米人。う〜ん、ぼちぼちどうなんでしょうね。
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サービス残業 なんのこっちゃ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる