炎上の理由

芸能人の政治的発言は是か非か。幾つかの炎上を受けて、そんな問題提起風な論調が有ったりします。「欧米では当たり前」などと。

確かにそれも議論すべきことなんでしょう。っていうか、そもそも「芸能人は政治的な発言をしちゃいけない」という考え方自体が私には理解出来ませんけど。

まあそれは置いといて、とにかく今起こってる炎上って問題はそこじゃないんじゃない?論点がズレてるでしょ?って思います。

だって、芸能人が「政治的発言で炎上」ってことがそもそも事実誤認ですから。起こってる事実は、芸能人の"政権批判"に対してネト〇ヨさんが騒いでいるって現象です。

その証拠に、安〇さんは人気取りのため事あるごとに(税金を使って)芸能人と会食し写真を公表してますが、そっちの芸能人は炎上して無い訳で。

芸能人の政治的発言、政治的スタンスの公表がダメだと言うなら、両者が同じ様に炎上しないとオカシイはず。でしょ?

 ☆

"政権批判"に問答無用で反発する。自分と違う意見は排除する。聞く耳持たず。昨日の話に通じますが、事実とか論理ではなく既に宗教掛かった観念の領域。

イデオロギー。その辺りがネト〇ヨさんの気持ちの悪いところです。話せば分る、ことが無いから。触らぬ神に祟り無し?

とにかく、この炎上は「芸能人の政治的発言は是か非か」という問題ではなく、「政権批判に脊髄反射で攻撃する輩が増えてるけどどうする?」っていう問題です。

ある事実を違った論点で議論しても無意味。論点のすり替え、敢えてそう仕向けてる勢力もあるんでしょうが。

などと、そんな穿った見方をしてみるのもネットリテラシーの一つなんでしょうね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック